ライズオブエンパイアズ: 氷と炎の非公式Wiki

城の維持には、食料、酒、木炭(木材)が常に必要ですが、これらの資源は節約することができます。
常に消耗する資源ですので、以下の節約術を使うとメリットが大きいです。


食料、酒の節約

レベルが上がってくると人口も多くなり、食料、酒の消費が多くなります。毎回食料と酒をレストランに供給していると、いつまでたっても資源がたまらないということになりますので、食料と酒の供給を止めたほうがいいです。人口が減りますが、ミントのゴールド生産以外影響がありません。
また、人口減少には下限があり(最大30%減で止まります)、ミントのゴールド生産も数%減るだけです(減少後の人口がミント人口以上であればゴールド生産は減りません)。
ゴールド生産の減少量が小さいことから、食料と酒を消費して生産量を維持するよりも、貿易基地でゴールドを調達したほうが効率的です。ただし、城や軍事施設などをアップデートする場合など、人口条件が求められている場合には一時的に供給して人口を増やしましょう。

木炭消費の節約と道路の意味

レストランの食糧・酒などと同じく、このゲームでは、なぜか供給を切っても機能は失われないという特性があり、これは木炭消費についても同じです。常に消費し続ける生産系施設を除き、ほとんどの施設は木炭供給を切っても機能します。
具体的には、道路の接続ON/OFFを駆使して、アップグレードや訓練開始、兵士の治療などの使用時のみ接続することで、平常時の木炭消費を抑える方法です。特にサブアカウントでは、施設を使用すること自体が稀であるため、生産系施設以外は常時OFFとすることで、生産効率を上げることができるはずです。

なお、テントなどは最低1つは接続しておかないと収容できないため注意が必要です。

どの施設の接続は切って大丈夫なのかなど、詳細については各自でご確認お願いします。ちなみに、レストランと演習所の切断が最も効果的です。

<常時接続が必要な施設>
・生産系施設
・倉庫(あまり効果はないが容量が減っても構わなければ切断可)
・民家(ゴールド生産が更に落ちても良ければ切断可)
上記以外は基本的に切断可能で、今のところ気が付く悪影響はありません。
なお、そもそも木炭を消費しない施設も複数あります。

非常に些末なことですが、倉庫を切断しても溢れた資源は消滅しません(超過状態のまま止まります)。また、倉庫靴泙琶殕するようになると、倉庫機α匕豊兇陵椴未鷲畸覆鷲塒廚砲覆襪燭瓠∩匕豊靴世瓜弔靴得效任垢襪海箸可能です(減少する容量が誤差の範囲です)。私は↓こんな風にして、大量の資源を抱え込む時だけ倉庫兇棒楝海靴討い泙后
また、倉庫気肋鏤切断して端っこに放置していますが、木材倉庫気世韻鰐效裟渋い虜櫃忘邏醗が取りに向かうため、切断したうえで近くに配置しています。
 

他人の城を見たことがないので参考になるか分かりませんが、私の城内はこんな感じです。道路の接続・切断は1箇所でコントロールしてます。

木炭の生産効率(木材節約)

上のやり方で木炭消費を抑えると、それほど木炭が必要なくなります。
木炭工場ですが、実はレベルを上げすぎると生産効率が落ちます。
レベル15がベストです。

例えば、レベル15では、木材消費が12,960/時、木炭製造が32,400/時ですので、木材から木炭への変換効率2.5です。
それがレベル17では、木材消費が17,640/時で、木炭製造が36,800/時ですので、木材から木炭への変換効率が2.08になります。
この割合はレベルが上がるほど悪くなり、レベル25では変換効率が1.3まで落ちます。木炭節約術を使って、できるだけ木炭工場のレベルを上げなくても城を維持できるように工夫したほうが、木材の節約になります。

※クリスタルやドラゴン系の施設・装備を充実させる必要があるレベルに達すると、大量の木炭を製造する必要が生じ、そこまでいけば消費効率は二の次になると思われます。

貿易基地での、木炭取引は2.5が基準になっています。割引なしの場合、木材1に対して木炭2.5で取引できます。そのため、貿易基地では木炭を買うことはしても、売ることをは抑えたほうがいいです。倉庫が一杯で木炭が余っている、どうしても欲しい資源を木炭で購入する、割引率が高いといった場合のみ木炭で買い物をしたほうが効率がいいです。逆に、変換効率の悪い木炭工場で木炭を製造するより、貿易基地で資源と交換したほうが木炭を効率的に入手できます。

ダイヤ節約(同盟貢献)

同盟の科学技術貢献で、資源とは別にダイヤの寄付をすることができます。1日でダイヤを寄付できる回数は50回ですが、寄付するたびにダイヤの数が増えていくため、50回寄付すると合計で2,550個のダイヤが必要になります。

ダイヤを節約して同盟貢献(50回寄付)するために、貢献する科学技術を分散させます(貢献する科学技術を変えるとダイヤの必要数がリセットされます)。例えば、5つの科学技術に10回ずつ寄付した場合、110個 x 5 = 550個のダイヤで50回の寄付をすることができます。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

資源・アイテム

戦闘

戦闘の種類

ヒーロー

ヒーロー一覧

発展系ヒーロー

どなたでも編集できます